UniswapやPancakeSwapといったDeFiプラットフォームでの資産運用が流行っていて、利回りが非常に高いと話題になっています。

しかし初心者にとっては操作が分かりにくくてとっつきにくい印象があります。

そこで、そんなややこしい操作を簡単にしてくれるxWINという暗号資産の運用プラットフォームを紹介します。

DeFiはリスクもあるので、事前に以下の記事にも目を通しておいてください。

【DeFi】暗号資産を運用する方法(レンディング、イールドファーミング)と注意すべきリスク

スポンサーリンク

xWINとは

xWINは、バイナンススマートチェーン上で動く暗号資産の運用プラットフォームです。

元ブラックロックのファンドマネージャーでエンジニアのCalvin氏によって作られ、元コンサルティング会社の海外現地法人社長のFUMI氏と共に運営されています。

日本発、運営者の顔が見えるDeFiサービスとして注目されています。

DeFiでの詐欺プロジェクトも目にしますが、私はFUMI氏と同じ会社で一緒に働いたこともあり、安心して利用しています。

xWINの運営者

xWINでできること

xWINは暗号資産を使って資産運用を簡単にしてくれます。

暗号資産への投資だけでなく、間接的に株式への投資ができることも特徴の一つです。

インデックスへの投資(Index Vault)

Index Vaultは株で言う投資信託のようなもので、プロのファンドマネージャーが組んだポートフォリオに簡単に投資できます。

暗号資産を集めたIndexだけでなく、米国株式のIndexにも投資できるのがすごいところです。

US-ANTG IndexはAmazon、Netflix、Tesla、Googleで構成されたIndexで、2020年はS&P500指数に対して大きくアウトパフォームしています。

2020年4月現在ではまだ数種類しかありませんが、今後増やしていく予定です。

トレーダーへの投資(Trading Vault)

Trading Vaultはヘッジファンドへの投資に近く、プロのトレーダーが組んだポートフォリオに投資できます。

Index Vaultよりも資産配分変更の頻度が高く、トレンドやテクニカル分析に基づいてトレーダーが適宜ポートフォリオを調整します。

パンケーキスワップでのイールドファーミング(LP Vaults)

LP Vaultは、パンケーキスワップでのイールドファーミングを簡単にしてくれます。

イールドファーミングとは、暗号資産を売買したい人のために、自分の持っている暗号資産をペアにして貸し出して流動性を提供し、その金利として暗号資産の報酬を受け取るという運用方法です。

パンケーキスワップでのイールドファーミングは初心者にとっては少し難しい作業プロセスがありますが、xWINプラットフォームだと数クリックで作業プロセスを完了させられます。

xWINトークンの獲得(Farming)

xWINプラットフォームを利用することで、独自トークンであるxWINトークンが獲得できます。

xWINトークンはバイナンススマートチェーン上に乗っていて、既にパンケーキスワップなどで売買することができます。

近い将来、xWINプラットフォームの中で、xWINトークンを使って資産運用ができるようにする予定だそうです。

xWINを使うメリット

xWINプラットフォームは暗号資産の運用を安全で簡単にするというコンセプトで作られています。

少額から投資信託やヘッジファンドに投資できる

株式やETFは最低投資金額が数万円~という場合が多いですが、xWINでは数百円からIndex VaultやTrading Vaultに投資することができます。

今後機関投資家を含めたプロの運用者を増やしていくそうなので楽しみです。

パンケーキスワップでの面倒な作業を短縮

私も使っていたのですが、パンケーキスワップは操作が少し複雑で、

ウォレットとつなぐ→暗号資産をExchangeする→預けたい暗号資産のペア(LPトークン)を作る→LPトークンを預ける→報酬の暗号資産を収穫する→再投資する→解約する時はLPトークンを引き出して、通貨ペアを分解する…

といった具合に、慣れるまでは間違いが無いかかなり不安になります。

xWINプラットフォームであればウォレットとつないでBNBを用意したら、あとは投資したいVaultを選んで金額を入力して実行したら完了です。

パンケーキスワップでのファーミングを簡単にする

さらにYield Vaults V2でイールドファーミングをすると、毎日自動でコンパウンド(再投資)してくれるので、福利の効果が大きく効きます。

今はまだ扱っている暗号資産ペアが少ないのがデメリットですが、リスクを見ながら今後追加していく予定だそうです。

+αでxWINトークンがもらえる

xWINプラットフォーム利用の報酬として、Index投資やイールドファーミングの報酬とは別に、xWINの独自トークンがもらえます。

獲得したxWINトークンを預けることで、さらにxWINトークンを獲得することもできます。

記事執筆時点(2021年4月2日)では1xWINに対して3.5ドルほどの値が付いていますが、大手の取引所への上場を目指していて、上場が実現すればもっと高い値が付くと思います。

パンケーキスワップでイールドファーミングをしている人なら使わない理由が無いサービスです。

xWINの使い方

全体的な流れとしては、

ウォレットを用意する

バイナンススマートチェーンとつなぐ

暗号資産を購入する

暗号資産をウォレットに送る

暗号資産をBNB(バイナンスコイン)に交換する

xWINプラットフォームとウォレットをつなぐ

投資したいVaultを選ぶ

という流れで、BNBを入手した後はとても簡単です。

ウォレット(メタマスク)を用意する

まずは、メタマスクという暗号資産のウォレット(財布)を作ります。

MetaMask(メタマスク)とは?使い方やトークンの入金・送金方法を28枚の画像で解説

次にメタマスクとバイナンススマートチェーンをつなぎます。

BNB(バイナンスコイン)を用意する

暗号資産取引所で何かしらの暗号資産を購入し、それをメタマスクに送ります。

最初に暗号資産(仮想通貨)を買う取引所は、東証一部上場のマネックスGの子会社であるコインチェックがおすすめです。

コインチェック

そして取引所で購入した暗号資産を自分のメタマスクアドレスに送ります。

メタマスクとパンケーキスワップをつないで、xWINプラットフォームで使用したい額の暗号資産をExchangeでBNBに交換します。

パンケーキスワップでBNB入手する

ウォレットとxWINプラットフォームをつなぐ

これで自分のウォレットにはBNBが用意されているので、xWINプラットフォームを開いてメタマスクのパスワードを入力します。

xWIN公式サイト

そして自分が投資したいVaultを選んで投資金額を入力し、実行ボタンを押します。

以下の動画でパンケーキスワップのイールドファーミングでCAKE-BNBで流動性マイニングをし、ファーミングをするまでの手順が紹介されています。

暗号資産やDeFiでの運用はまだまだ新しい業界で、値動きのリスクだけでなく、詐欺プロジェクトにひっかかるリスクもあります。

まずは自分にとって無くなってもよいくらいの少額で始めることを強くおすすめします。

LINE@で最新記事を配信中!

友だち追加
スポンサーリンク