Amazonプライムに加入していると最短翌日のお急ぎ便が使い放題という配送特典の他に、

映画やTV番組が無料で観られるprime video
音楽聞き放題のprime music
本が読み放題のprime reading

などのお得なサービスがあります。

「えっ?!これ無料で読めるの?!」

とびっくりするような良い投資本も無料になっていて重宝しています。
iPhoneの読み上げ機能を使ってながら聴きをすれば、読む時間を確保できないということも少なくなります。

スポンサーリンク

株で勝つ! 会社四季報超活用法

本書は、四季報編集部が直伝する個人投資家が株で勝つ、株で負けないための『会社四季報』の見方・使い方です。

本書を読むことで、『四季報』を読みこなすコツがわかり、次のようなスキルが身につきます。

・会社の基本を知る
・健全な会社を探す
・儲かっている会社を探す
・将来性のある会社を探す
・株価を先読みする
・売買チャンスをつかむ
・お宝株を見つける

生涯投資家

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。

本書は、株の世界に復帰し動向が注目されている村上氏の、最初にして最後の著書で、半生記であり、投資理念の解説書でもある。灘高―東大法―通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方とは。

バフェットからの手紙 第4版

バークシャー・ハサウェイ社年次報告「会長~バフェット~からの手紙」36年分。変わらない「企業運営」と「投資哲学」を現代の環境で再確認する。

高勝率トレード学のススメ

夢と希望を胸にトレーディングの世界に入ってくるトレーダーのほとんどは、6カ月もしないうちに無一文になり、そのキャリアを終わらせる。この世でこれほど高い「授業料」を払う場があるだろうか。こうした高い授業料を払うことなく、最初の数カ月を乗り切り、将来も勝てるトレーダーになるためには、市場での実績が証明されたプログラムが不可欠である。本書はこのような過酷なトレーディングの世界で勝つためのプログラムを詳しく解説したものである。トレーディングの現実を著者独自の観点からあぶり出し、短期トレーダーと長期トレーダーたちによる実際の成功例や失敗例をチャートとケーススタディを通じて検証する本書は、まさにトレーディングの生きたガイドブックといえるものである。

インデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法

本書は、市場に関する知恵を伝える一級の手引書である。もはや伝説となった投資信託のパイオニアであるジョン・C・ボーグルが、投資からより多くの果実を得る方法を明らかにしている。

つまり、コストの低いインデックスファンドだ。ボーグルは、長期にわたって富を蓄積するため、もっとも簡単かつ効果的な投資戦略を教えてくれている。その戦略とは、S&P500のような広範な株式市場のインデックスに連動する投資信託を、極めて低いコストで取得し、保有し続けるということである。

 

私がprime readingという機能を見つけた時には以下のような名著も無料だったのですぐにダウンロードしました。

マーケットのテクニカル分析 ――トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

この1冊でテクニカル分析のすべてをマスターできる!
世界的権威が著したテクニカル分析の決定版!
テクニカル分析の教科書――『投資苑』を超える圧倒的実例
<目で見てよくわかる>チャート400以上掲載

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

バフェットが師と仰ぎ、尊敬したベンジャミン・グレアムが残した「バリュー投資」の最高傑作!株式と債券の配分方法、だれも気づいていない将来伸びる「魅力のない二流企業株」や「割安株」の見つけ方を伝授! 場中や、明日、1カ月後の値動きを全く気にしない「投資法」・・・原書は、今でもアメリカでロングセラーであり続けている古典的名著。数十年前から時代遅れな本といわれ続けながらも、やはり真理とは普遍的なものであり、人々に必要とされてきた書物である。

ゾーン 最終章 トレーダーで成功するためのマーク・ダグラスの最後のアドバイス

1980年代、トレード心理学は未知の分野であった。創始者の一人であるマーク・ダグラスは当時から、今日ではよく知られているこの分野に多くのトレーダーを導いてきた。彼が得意なのはトレードの本質を明らかにすることであり、本書でもその本領を遺憾なく発揮している。

 

いかがでしたでしょうか。

Amazonプライムは月額400円、年間3900円で入れるので、本を数冊ダウンロードしたら元が取れる計算です。

このリストはずっとprime readingで無料というわけではないので、欲しい本が対象になっていた場合はすぐに入手してしまいましょう。

LINE@で最新記事を配信中!

友だち追加

ランキングに参加しています。よろしけれ応援お願い致します!

株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク